務用バイオ式生ゴミ処理機 マジックバイオくん 有機性廃棄物高速発酵分解型生ゴミ処理装置

バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん
Zero Emission ホーム > バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん トップページ
バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん
バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん
バイオ式生ゴミ処理機〜標準タイプ
バイオ式生ゴミ処理機〜A1タイプ
有機物分解用バイオ資材〜バイオテック・ユーノサ
バイオ式生ゴミ処理機お勧めの理由
バイオ式生ゴミ処理機〜FUSO会社概要
バイオ式生ゴミ処理機〜問合せ

バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくんの説明ページ
バイオ式生ゴミ処理機 マジックバイオくん 業務用バイオ式生ゴミ処理機のマジックバイオくんは、日々排出される生ゴミを自然界に生息する微生物の力を借りて、環境に負担をかけることなく処理します。

生ゴミの内容は多種多様です。さまざまな生ゴミの成分、発酵分解のプロセスを踏まえて開発した設計と稼動プログラムが理想的な発酵分解環境を再現します。

生ゴミをバイオ式生ゴミ処理機は約90%減容します。

◆バイオ式処理、その実力
自然に生息する微生物の働きを利用したバイオ資材『バイオテック・ユーノサ』の生ゴミ分解の力。これを利用したのが食品資源リサイクル機器『マジックバイオくん』です。生ゴミに含まれる有機物を水蒸気と炭酸ガスなどに分解し、数時間で生ゴミを大幅に減容。毎日発生する大量の生ゴミも、効率よく処理できます。

◆簡単操作で、大量の生ゴミを大幅減容
投入された生ゴミは、槽内での撹拌によって細かく破砕された後、バイオテック・ユーノサによる有機成分の発酵分解へ。生ゴミの主な成分である米・パンなどの「炭水化物」、肉・魚などの「タンパク質」、野菜類などの「繊維質」といった有機物を一括で分解し、大量の生ゴミも効率よく処理します。と同時に、装置は使い勝手の良さを重視した簡単設計を実現しました。運転前にタッチパネルで稼働モードを選ぶだけの簡単操作、日常的なメンテナンスである残渣の取り出し頻度の少なさなど、余計な手間がかかりません。

◆「バイオ式」と呼ばれる処理方式を採用
数ある生ゴミ処理方式の中でも『マジックバイオくん』は「バイオ式」と呼ばれる処理方式を採用しています。


バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくんの生ゴミ処理方式

生ゴミ処理方式には、バクテリア方式、乾燥方式、焼却方式があり、バクテリア方式の中でも、堆肥型と大幅減容型があり、弊社取扱いのバイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくんは大幅減容型であり、85〜90%の非常に高い減容率が特徴です。
バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくんはバクテリア方式、大幅減容型です。
バクテリア方式
堆肥型 ・50〜70%の減容率
・有機物を熟成させ、肥料としやすい成分とする。実際は肥料としてそのまま使用出来る訳ではなく肥料の原料としての形であるため、肥料製造のための2次処理の受入れ体制が必要である。また、食材によって成分が変動するため、安定した質の堆肥を作るのはむつかしい。
大幅減容型 ・85〜90%の高い減容率が特徴。
・有機物を大幅に分解。高い減容率により廃棄の負担を著しく低減出来る。水蒸気と炭酸ガスへスムースに分解され、悪臭の発生も少ない。
乾燥方式 ・50〜70%の減容率
・乾燥するだけなので、量は減らせるが分解はしない。減容率が高くないため、生ゴミ処理となると廃棄が負担となる。単一食品の処理に比較的大型の処理機が多く用いられている。
焼却方式 燃焼してしまうため、灰の状態まで減容出来るが、
・ダイオキシン類の発生
・CO2の発生
等、環境に悪影響を及ぼす可能性があり法規制の対象となっている。

バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくん〜6つの特徴

1.減容型 2.処理時間
・バイオの力で限りなくゼロに近い減容を実現
・メーカー実験により炭水化物、タンパク質、脂肪等を処理可能
・ メーカー開発のバイオ菌体(バイオテックユーノサ)により高速分解減容を実現(およそ5時間)
3.脱臭力 4.自動取出し口
・脱臭装置を標準搭載。メーカー開発のバイオ菌体が悪臭の発生を抑制。 ・「残さ」取出しの自動化により大幅に手間が軽減
5.デザイン性 6.簡単操作
・設置場所を選ばないコンパクト設計
・要望によりオリジナルデザインを挿入可能
・簡単操作
・ゴミ処理は機械により全て自動制御

バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくん標準モデル
業務用バイオ式生ゴミ処理機のマジックバイオくんは、日々排出される生ゴミを自然界に生息する微生物の力を借りて、環境に負担をかけることなく処理します。

生ゴミの内容は多種多様です。さまざまな生ゴミの成分、発酵分解のプロセスを踏まえて開発した設計と稼動プログラムが理想的な発酵分解環境を再現します。

バイオ式生ゴミ処理機、マジックバイオくん標準モデルは、活性炭など3資材による複合型脱臭方式を採用で臭いを抑制しております。

バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん〜標準タイプ 
A1タイプは、プラチナ触媒方式により「ほぼ無臭」という高いパフォーマンスを誇っており、設置場所を選ばないこともあり、高い評価を得ています。

バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん〜A1タイプ


「食」にまつわる、さまざまな施設で
食品工場をはじめ、病院、レストラン、スーパーマーケットなど、大量の食材・食品を扱うさまざまな施設で活躍しています。

スーパーマーケット
コンビニエンスストア
ホテル
レストラン
学校給食センター
食品加工工場
病院
など…
※無機質にあたる成分は撹拌槽の中に蓄積されていきます。 ※肉や魚ばかりなど偏った投入を行うと処理能力が低下します。1種類の投入量は最大投入量の30%以内にしてください。 ※生ゴミ投入の際は水気を切ってから投入してください。過剰な水分はバイオテック・ユーノサの劣化を招きます。 ※タバコの吸い殻やつまようじなど生ゴミにどうしても混入してしまうものは最小限に抑えてください。 ※脂肪分の処理には時間がかかかります。大量投入はできません。 ※凍ったものの投入は控えてください。

バイオ式生ゴミ処理機マジックバイオくん導入をお勧めする理由
循環型社会形成推進基本法(平成12年6月法律第百十号)は環境基本法(平成五年法律第九十一号)の基本理念にのっとり環境基本法の下位法律として、公布施行されました。
詳細は各法律を参照願いますが、次の4つの流れで結果的に廃棄物を減らすことで、環境への負荷を出来る限り低減される社会を目指すという趣旨の法律になります。

@ 発生抑制(レデュース〜Reduce)
ゴミになるものを出来るだけ減らす
A 再利用(リユース〜Reuse)
不要になったものは出来るだけ繰り返し使う
B リサイクル(リサイクル〜Recycle)
繰り返し使えないものは資源としてリサイクルする
C 適正処分
どうしても捨てるしかないものは環境を汚さないようにきちんと処分する

弊社では、まず最初の生ゴミの発生抑制に注目し、バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくんの販売を推進しています。このマジックバイオくんは、発生する生ゴミの約90%という高い減容率を誇っています。


このページトップへ戻る
バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん〜標準タイプ 
バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん〜A1タイプ 
  ホームマジックバイオ−標準タイプマジックバイオ−A1タイプ会社概要問合せ
  Copyright (C) FUSO Co.,Ltd All Rights Reserved