務用バイオ式生ゴミ処理機 マジックバイオくん 有機性廃棄物高速発酵分解型生ゴミ処理装置

バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん
Menu バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん トップページ > 会社概要
バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん
バイオ式生ゴミ処理機〜ホーム
バイオ式生ゴミ処理機〜標準タイプ
バイオ式生ゴミ処理機〜A1タイプ
有機物分解用バイオ資材〜バイオテック・ユーノサ
バイオ式生ゴミ処理機お勧めの理由
バイオ式生ゴミ処理機〜FUSO会社概要
バイオ式生ゴミ処理機〜問合せ

会社概要
生ゴミをバイオ式生ゴミ処理機は約90%減容します。

1957年、理化学機器製造会社として創立されて以来、弊社は計測・測定各種機器の研究開発・製造に力を注ぎ、日本ではフロンガス検知器・警報器のリーディング・メーカーの一つとなりました。弊社は現在、冷凍空調業界にとどまらず、さらに幅広い分野の環境計測・測定機器の研究開発・製造販売を強力に推し進めています。とどまることを知らない創造力豊かな私たちの技術と情熱は、国内外を問わずグローバルなお客様のニーズに迅速にそして正確にお応えすることに、常に向けられています。

そして今般、環境関連業務強化の一環として、バイオ式生ゴミ処理機の販売を開始しました。弊社の取り扱うバイオ式生ゴミ処理機、マジックバイオくんは、日々発生する生ゴミのおよそ90%の減容を実現し、その残り10%の残渣を肥料化することでリサイクル・ループ(Zero Emission)の実現に取組んでおります。

商  号 株式会社 FUSO
本  社 〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-3-1 トルナーレ日本橋浜町214
TEL (03)5652-1151 FAX (03)5652-1161
Web: http://www.fusorika.co.jp/
大阪営業所 〒537-0024 大阪府大阪市東成区東小橋1-8-14
TEL (06)6974-2232 FAX (06)6974-2237
つくば
サービスセンター
〒300-2742 茨城県常総市向石下968-10
TEL (0297)43-9391 FAX (0297)43-9392
海外事務所 上海事務所、広州事務所、タイ事務所
創  業  1957年1月10日
設  立   1958年3月14日
資本金  
4,290万円
代表者  
代表取締役社長 遠藤 進
事業内容
漏れ試験機等ガス検知器・警報器、環境計測機器、冷凍空調用機械工具及びその他環境機器等の開発、製造、販売及び輸出入
所属協会
(社)日本冷凍空調工業会、(社)東京都冷凍空調設備協会、(社)日本理科教育振興協会、東京科学機器協会
事業略歴
1957年1月 扶桑光器製作所創設
光学機器及び理化学機器の製造及び販売
  1958年3月 法人組織に改組
扶桑理化製品株式会社と改称
  1969年4月 東京都港区新橋2丁目4番10号共同ビル内に本社を移転
  1988年9月 東京都立川市曙町2丁目14番19号に本社を移転
  1995年8月 東京都豊島区西池袋5丁目17番11号ルート西池袋ビル内に本社を移転
  2001年11月 大阪営業所を開設
  2003年4月 中国上海事務所を開設
  2003年6月 中国広州事務所を開設
  2005年2月 タイ事務所を開設
  2006年10月 株式会社 FUSOと商号変更
東京都中央区日本橋浜町3-3-1
トルナーレ日本橋浜町ビル内に本社を移転

つくばサービスセンターを開設
  2007年1月 創業50周年
  2009年1月 資本金を4,290万円に増資
   
主な輸出国
中国、韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、UAE、米国、
イタリア、ドイツ、オランダ
主な営業品目
1.ガス測定機器
フロンガスリークデテクタ、水素ガスリークデテクター、フロンガス警報器、
有機溶剤ガス警報器、一酸化炭素警報器、二酸化炭素濃度計、
可燃性ガス警報
2.環境測定機器
温度及び湿度測定器、風速及び静圧測定器、騒音及び振動測定器、
照度測定器、 PH及び導電率測定器、酸素及び溶存酸素測定器、
電流・電圧・抵抗測定器
3.バイオ式生ゴミ処理機〜マジックバイオくん

  ホームマジックバイオ−標準タイプマジックバイオ−A1タイプ会社概要問合せ
  Copyright (C) FUSO Co.,Ltd All Rights Reserved